ニュース・新着情報

選挙割について、説明します。【申込み受付中】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選挙割とは…
まずは投票所でもらえる「投票済証明書」をもらってください。

お店は、その投票済証明書を見せてもらったら、サービスを提供してください。


選挙割で提供するサービスは、お店で決めてください。
ルールというか、決まり事を。
1つは、「誰にも同じサービス内容であること」
投票に行った、という事にサービスをするので、A候補に入れた人にはコレ、B候補に入れた人にはコレ、は出来ません。
比例の政党についても同じことが言えます。
サービス内容は同じものをお願いします。
2つ、「射倖心を煽ってはいけない」
イギリスでは有名な「ブックメーカー」は、今やあらゆるもの、事象を賭けの対象としていますが、日本の法律では禁止されています。
例えば、選挙区の候補者が獲得する票数の順位を予想しオッズを設け賭けさせる行為。
また、当落を含め予想をして抽選で物品や金銭を提供する行為。
これらは選挙割で気にする公職選挙法以前に、刑法185条の賭博行為の禁止に当たりますのでご注意ください。 (50万円以下の罰金または科料が科されます)

提供するサービスについて

選挙割でお店や事業所へお願いするサービスは「少し生活が豊かに、楽しくなるもの」がいいですね。
ワンドリンクでも嬉しいもんです。
看板メニューを勧められるチャンスかも。
メニューの増量でもいいかも。
ワイシャツのクリーニングが安くなるだけでも助かりますよね。
習い事やジムの無料体験も次に繋がる気がします。
キャンペーンとしての活用もアリです。

サービスの回数もお店にお任せします。
1人一回限り、期間中何度でも、お店が決めてください。
選挙割のお店情報 (←GoogleMapで
随時更新中)

期間というのは、告示翌日から始まる「期日前投票」から選挙割はスタートします。
投票日を挟んで、翌一週間が、選挙割の期間となります。
今回の衆議院議員選挙では、10月11日から10月29日が選挙割の期間となります。

費用負担として一軒につき、2,000円を頂いています。印刷代や広報のウェブ作成費に充てさせてもらっています。

この選挙割で、劇的に新規顧客が増える。ということは決してありません。
お店の売り上げが激増した、ということも残念ながらありません。
あって微増という感じでしょうか。

ただ、もっと三田を盛り上げ隊が提案したいことは、
政治を、選挙を、楽しもう。
ということ。そのお手伝いを市内のお店にお願いしたいのです。
投票済証明書をもらう、と意識して投票所に行くこと。誰に投票しようが構わないのです。
過半数の有権者が放棄する選挙がこれだけ多いのはまちや国の成熟度が高い証拠です。(と偉い学者が唱えているのでそうなのでしょう)
だけど、その成熟は本当に正しいのか、と思うわけです。
投票する権利を放棄してはいけません。義務ではないですが、放棄した権利は取り戻せません。
でも、そんな事を声高に叫んでも、楽しくないでしょ?
だから、みんなで楽しめる方法を考え辿り着いたのが、選挙割でした。
ベストではないと思ってます。毎回お叱りも受けます。甘んじて受けます。
受けますが、やります。
だって、みんなの生活が「少し豊かに、楽しくなる」のですから。

決して政治的意図や政治活動ではありません。法律的にも全てクリアできています。

どうか、短い期間ですが、ご検討いただいて申込みをいただけますようお願いします。

申込みはこちら↓
https://ws.formzu.net/fgen/S36651060/

人気の記事

まだデータがありません。

最新の投稿

コメントを残す

*