梅さんの与太話

きっかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先月から始まったワークショップは、

ファイフという簡易なフルートを演奏しよう、というもの。
楽器経験のない子もある子も混じっての全5回の3回目。
家で練習してきてるんだろうな、と思わせる上達具合の子もいれば、そうでない子もいる。
まぁ、習い事でもないし楽器を奏でて音楽をする体験、が目的だし50人もいると差は出ちゃうよね。
音が出せない、ってことはないけど、なかなか思う通りに出来ないと、やはりおもしろくないようで、ファイフを放ったらかして走り出したりする。
そんな子でも、周りの参加者(同じ年頃の子)が捕まえて教え出したり。
できないことが出来るようになると、嬉しい。嬉しいと夢中になる。夢中になると上達する。
きっかけさえあれば、入り込めるんだ。その子のスイッチがどこにあるかはそれぞれ。
ある程度の差はあれ、子どもの吸収力と集中力はすごいもの。
見ていても、おもしろい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。