ニュース・新着情報

アートの世界へあなたも一緒に【6月17日参加型】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超巨大なジャンプ傘やメガホン・・・通り抜けると光のシャワーに包まれる不思議なトンネル・・・
西村正徳さんは三田市を拠点に活躍するアーティストで、その手掛ける作品を一挙に集めた大規模な展覧会「メガメガキラキラ 日常組 西村正徳展」として7月1日から8月31日まで、郷の音ホールの敷地内や館内にて設置されます。

この個展を前に、市民参加で作品を仕上げるプレイベント「日常組の非日常のしごと」を6月17日、郷の音ホールで開催します。


西村正徳展プレイベント「日常組の非日常のしごと」
【日時】
2017年6月17日13時〜15時
【会場】
三田市総合文化センター郷の音ホール
【料金】
無料、当日自由参加
【参加対象】
高校生以上
【お問合せ】
郷の音ホール 079−559−8100

また、展覧会期間中のワークショップやイベントもまたお知らせしますね。

西村正徳 Profile
1967 愛知県小牧市生まれ。
1990 大阪芸術大学工芸学科卒業後彫刻活動を開始。
1992 京都府立陶工高等技術専門校を卒業。
1993 兵庫県三田市へ移住し作家活動を開始。

金属を主な素材とした野外彫刻作品を制作、2000年頃から野外インスタレーションの制作を始め、2003年頃からテントシートを主な素材とした遊び感覚でふれあえる巨大インスタレーション作品の制作を始める。また三田市内ではさんだ生涯学習カレッジ等の陶芸講師を長年務めている。

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*