【新競技】ダンボール投げ Throw Cardboard Boxes

スポンサーリンク

ダンボール投げ選手権

ダンボール箱を、
いかに遠くに投げるかを、競う新手のスポーツ(?)です。
ダンボール投げ選手権で、公式な記録を残していきます。
ダンボール投げ世界選手権
第1回 2008年8月30日・31日 兵庫県三田市本町にて開催。
第2回 2009年
 三田市役所前広場にて開催。
第3回  2018年 三田駅前ペデストリアンデッキにて開催。

mixi
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3630672
ひょこむ
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=87667



ダンボール投げルール

(ダンボール投げ選手権公式ルール)
ルール
段ボール箱は規定の大きさ、重量のものを使用する。
投げる際は両手で持ち、投げるものとする。
両手で投げられない場合は片足によるキッキング、頭部によるヘディングを認める。
投げる際に「ダー(dah)」を発声するものとする。
踏切線を超えてはいけない。
3回投げて、一番距離の長いものを記録とする。
踏切線より、ダンボールが着地し停止した位置の、一番踏切線に近い部分までの距離を計測し記録とする。
記録の最小単位はcmとする。
順位は記録の長いものを一番とし、同記録の場合は、2番目によい記録を比べて決める。

ファールについて
停止線を超えてしまった場合はファールとし記録を無効とする。
投げる際に「ダー(dah)」の掛け声を出すこと。ない場合はファールとし記録を無効とする。
ダンボールが停止するまでに審判・スタッフを含む人が触れてはいけない。


世界記録について

第3回ダンボール投げ世界選手権  優勝記録
14m25cm