三田の文化拠点、郷の音ホールのご案内【さとのね?郷の音?響?三田市総合文化センター】

ニュース・新着情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

郷の音ホールを知っていますか?

三田市総合文化センター、愛称が郷の音ホール、「さとのね」と読みます。
縦に連ねると「響く」という文字が現れる、ホールには珍しい漢字の愛称がついております。

360人収容の小ホール、1000人収容の大ホールをメインに録音設備のある練習室やリハーサル室、展示室なども備え、会議やワークショップなども開催できる貸室も複数備えています。

駐車場は4時間まで100円というリーズナブルさ。なんと400台も収容できます。
夏の一大イベント三田まつりのメイン会場としてお越しになった方も多いのでは。
三田駅からはふれあい大通りをまっすぐ直進という説明のしやすさ。

そういえば、ちゃんと郷の音ホールを紹介していなかったな、と今更ながらのご紹介w
ついでに2019年3月の館主催のイベントなども。

合唱コンクールの
三田ハモらっせ!

「歌うことの感動」と「聴くことの楽しみ」を味わえて 出演者と観客が一体になる驚きのコンテスト!!
「三田ハモらっせ!」は何でもアリ!!
男声合唱のみだった「三田ハモらっせ!」が女声・混声も出場できる新たなステージへ
難しい合唱曲だけではなく、ポップスや歌謡曲、アニソン…何が飛び出すか分からない
出場団体も観客の皆さんも一緒に楽しめるコンテストです!!
3月17日10:00〜
一般:500円  友の会:4枚まで無料(要入場整理券)全席自由

さとのね流お仕事拝見

デジタル復元師のお仕事拝見
講師 小林泰三
3月19日10:00〜
35名定員
参加費500円(Sato-Net会員300円)

さとのね探検隊 参加募集

3月28日11:00〜、14:00〜
各回定員20名(要予約・先着順) 参加無料
小学生低学年までは保護者同伴
ホールの舞台裏や天井って、どんな装置があるのかな?
音響室や奈落、楽屋・・・普段見ることのできない場所をスタッフが説明しながら案内します。今回はピアノの中も探検します♪

さとのねシネマvol.40 ワンダー 君は太陽
やさしさの半分は 勇気でできている。

全世界800万部突破のベストセラーがついに映画化!!
3月29日
<字幕版>11:00~
<日本語吹替版>14:30~
一般:800円 友の会:500円
全席自由  3歳未満膝上無料

カフェステラさんも普段遣いできるカジュアルカフェ。

開演前、練習前に一服、腹ごしらえなど、コーヒーいっぱいでもお楽しみください。
懐かしい感じのナポリタンや日替わりランチ、週末限定のオムライスなど、普段遣いにもジャストなカフェです。

スイーツも楽しめますよん

三田市総合文化センター 郷の音ホール
http://sanda-bunka.jp/
【住所】兵庫県三田市天神1-3-1
【電話】079-559-8100
【開館時間】9:00−22:00
【休館日】水曜日(祝日の場合は翌平日)


コメント