One Day 農 Trip(1日農体験)うど生産者訪問と春の農作業体験【締切3月18日】

スポンサーリンク
ニュース・新着情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三田の春を感じる食材
うど。
生産している現場に
行ってみましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

One Day 農 Trip(1日農体験)うど生産者訪問と春の農作業体験、おひつごはんと豚汁のランチを満喫!

今回のOne Day 農 Trip(1日農体験)は、「うど生産者訪問と春の農作業体験、おひつごはんと豚汁のランチを満喫!」
楽しみながらおいしくいただく、One Day 農 Trip(1日農体験)に参加してみませんか。
早春の香りを感じる「特産三田うど」。
皆さんは、田んぼに藁(わら)で作られた「うど小屋」を見たことがありますか?

特産三田うどは、大正5年に試作されてから100年以上生産され、昔ながらの藁(わら)でできた「うど小屋」は市内で数少なくなっています。
「うど小屋」の中は常に30度に保たれ、風や光を入れず、農薬を使わない昔ながらの自然栽培で大切に育てられています。
「特産三田うど」は、ほんのり赤いのが特徴で、歯ざわりがよくてみずみずしく、特有の香りが楽しめます。

開催日時

令和3年4月3日(土曜日)10時~13時ごろ
※雨天決行・現地集合・現地解散

当日の主な流れ

(1) 現地集合(下青野地内)
(2) うど小屋訪問
(3) 季節の農作業体験
(4) うど味わい方ミニセミナー
(5) 昼食(おひつごはんと豚汁)
(6) 現地解散

会場

三田市下青野地内
詳しい場所は参加者へお知らせします。

募集定員

20人(応募者多数の場合は抽選になります)

参加者負担金

中学生以上1,500円/人、小学生以下750円/人
※参加負担金は当日に徴収させていただきます。

参加申込

下記の必要事項を記入のうえ、電話、ファクス、郵送、お問合せフォームのいずれかの方法で下記の問い合わせ先まで申し込んでください。
(1) 参加人数の各人数:(1)中学生以上、(2)小学生以下
(2) 代表者の氏名、住所、電話番号(携帯番号)
※当日、連絡ができる電話番号(携帯番号)をお知らせください。
FAX:079-562-2175
申し込みフォーム

締め切り日

令和3年3月18日(木曜日)

参加上のご注意

当日は、汚れてもいい軽作業向きの服装、長靴や軍手、帽子、タオル、飲料水、レジャーシート(昼食や休憩時に利用できるもの)等の準備をお願いします。

・計画している駐車場、最寄りのバス停から会場まで、徒歩での移動があります。
・うど小屋及びその周辺は、農地です。舗装されていませんのでご注意願います。
・作業体験の際には、事故・ケガのないようご注意願います。
※作業中の不慮の事故等による補償等の責任は負いかねます。ご了承下さい。
※荒天時や新型コロナウイルス感染症により、急遽中止する場合があります。

お問合せ

三田市 地域創生部 産業戦略室 農業創造課
住所:〒669-1595 兵庫県三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5089
ファクス番号:079-562-2175

タイトルとURLをコピーしました