ニュース・新着情報

「先祖になる」を長田のふたば学舎で【池谷薫監督】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

静かなドキュメンタリーがあなたの心をじわりじわりと震わせる。

阪神淡路大震災から23年。今回の「1.17やさしさをわすれないで in ふたば2018」では、室崎益輝 神戸大学名誉教授の講演、
池谷薫監督の「先祖になる」を上演、そして池谷監督によるトークショーがラインナップされています。

「先祖になる」池谷薫監督作品
男の名は佐藤直志。岩手県陸前高田市で農林業を営み、仲間から“親分”と慕われている。彼の家は1000年に1度の大津波で壊され、消防団員の長男は波にのまれた。生きがいを失った男に何ができるのか? 直志はひとつの決断をくだす。元の場所に家を建て直そうというのだ。自分はきこりだ。山に入って木を伐ればいい。友人から田んぼを借り、田植えもしよう。仮設住宅には何があってもいかない――。
土地に根ざし、土地に生きる人々の行く末をおもう彼の強さと優しさは、少しずつ周囲を動かし、生きることの本質を問いかけていく。忍び寄る病魔、耐えがたい腰の痛み、遅々として進まない市の復興計画……


117 やさしさをわすれないで
in ふたば 2018
【日時】2018年1月14日(日)14時20分
【会場】「ふたば学舎」
兵庫県神戸市長田区二葉町7-1-18
【申し込み方法】
電話・ファックス・メールにて。先着80人
【主催】 ふたば学舎
【電話】 078-646-8128
【FAX】 078-646-8138
【mail】 kumagai@futabasyo.jp

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。