ニュース・新着情報

ゴッホ展が兵庫県立美術館にやってくる【会期1月25日〜3月29日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

兵庫県立美術館で「ゴッホ展」が2020年1月25日(土)から3月29日(日)まで開かれます。


1880年、27歳の時に画家を志したファン・ゴッホ(Vincent van Gogh, 1853-1890)は、画業の初期にハーグ派の影響を受けました。特に、中心的な画家のひとり、アントン・マウフェ(Anton Mauve, 1838-1888)が縁戚関係にあったことから直接の指導を仰ぎ、その後、ハーグに移住して他の画家たちとも交流します。ヨゼフ・イスラエルス(Jozef Israels, 1824-1911)やヤコプ・マリス(Jacob Maris, 1837-1899)、マテイス・マリス(Matthijs Maris, 1839-1917)らマリス兄弟を中心としたこのグループは、街の近辺で出会う身近な風景を描きました。対象を正確に写し取るのではなく、示唆に富んだ筆致で仕上げた彼らの絵には、時としてスケッチのような趣が残されています。このように、細部ではなく印象を重視した手法をファン・ゴッホはまず身につけたのです。その後彼はパリに出ると、印象派が打ち出した鮮やかな色遣いに出会ってその虜となり、色の表現力を学び、実践するようになります。


本展では、このようにファン・ゴッホの画業の初期から、印象派の洗礼を受けて独自のスタイルを確立するまでを追います。ファン・ゴッホ自身の絵画やドローイング約50点に合わせて、彼の絵の基礎になり、そして方向性を決定づけたハーグ派と印象派の作家たちの作品約30点も展示することで、ファン・ゴッホがファン・ゴッホとなるまでの過程をご覧いただけるでしょう。短くも豊かな画家としての人生を、作品と彼の言葉を通してご覧ください。

なお、ファン・ゴッホ作《ブリュット=ファンの風車》(1886年、デ・フンダーツィー美術館、ズウォレ蔵)と 《ポピー畑》(1890年6月、ハーグ美術館蔵)は、2月21日(金)より展示予定。
兵庫県立美術館「ゴッホ展」 https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_2001/
「ゴッホ展」公式ウェブサイト https://go-go-gogh.jp/

【関連イベント 1月26日】
圀府寺司・大阪大学教授(『ファン・ゴッホの手紙』訳者)を講師に迎え、記念講演会「ファン・ゴッホ、ハーグ、パリ… ――変革と反復」が1月26日(日)14:00より開催されます(約90分)。
会場はミュージアムホール(定員250名)。聴講無料、要観覧券。当日10:00からホワイエで整理券配布。

そのほか関連イベントとして、KEN-Vi名画サロン特別上映(「ゴッホ 最期の手紙」2月15日(土)、「世界で一番ゴッホを描いた男」3月20日(金・祝)、いずれも10:30-、13:00-、15:30-、各回入替、定員250名、料金いずれも1人1000円)や、学芸員による解説会、おやこ解説会、ミュージアム・ボランティアによる解説会。
詳細・お申し込み・お問い合わせは、同館へ。
兵庫県立美術館「ゴッホ展」 関連事業 https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_2001/

兵庫県立美術館 ゴッホ展
【会期】
2020年1月25日[土]-3月29日[日]
【開館時間】
午前10時-午後6時(金・土曜日は午後8時まで)
入場は閉館30分前まで
【休館日】月曜日
(ただし、2月24日[月・休]は開館、翌25日は閉館)
【会場】兵庫県立美術館
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通り1-1-1
【観覧料】

当日 団体
(20名以上)
前売
(1/24まで)
一般 1,700円 1,500円 1,500円
大学生 1,300円 1,100円 1,100円
高校生以下 無料
70歳以上 850円 750円
障がいのある方 一般 400円 350円
障がいのある方 大学生 300円 250円
●障がいのある方1名につき、介護の方1名は無料
●70歳以上、障がいのある方は、会期中、館内券売所でのみ販売
●コレクション展は別途観覧料が必要(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)
●一般以外の料金には証明できるものの提示が必要
●金額はいずれも消費税込金額
オンラインチケットはこちら
https://id.sankei.jp/e/910

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。