ニュース・新着情報

神戸で落語が楽しめる!!念願の常設寄席が誕生【神戸新開地・喜楽館】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

神戸新開地・喜楽館は、昼は上方落語の定席、夜は上方落語はもちろん、東西落語、講談、浪曲などの演芸のほか音楽、ダンスなど、幅広く楽しむことのできる演芸場として、平成30年7月11日(水)に開館いたします。
演芸場、という響きがすでにノスタルジックではあるのですが、神戸で定席で落語が楽しめるなんて素敵だと思いませんか。
場所はこのあたり↓

かつて寄席、演芸場が多くあった神戸新開地に平成最後の年に開く喜楽館。
新たな神戸のランドマークとなり、地域にも愛される場に育ちますように。


昼席
毎日お昼2時から4時半ごろまで、上方落語を上演する落語の定席。
落語6~7席 色物1~2席(予定)
毎週月曜日ごとに新しい番組とします。
7月は11日(水)から始まり15日(日)まで。
その後は16日(月)から7日間ごととなります。
【開演時間】14時から(開場は13時半〜)16時半終了
【料金】前売2,300円、当日2,800円


朝席
団体貸し切り向け等の朝席(10時から11時半)も予定しています。
学生、福祉施設、旅行社等団体様を受入します。
費用などお気軽にご相談ください。
※車いす用席もあります。事前にお申し出ください。
※原則落語に限ります。
【開演時間】10時(主催者による)12時終了(片付け完了)


夜席 もちろん落語会が開かれますが、
上方落語以外にも、東京の落語家さんの独演会や、浪曲、講談、漫才、踊り、講演会、ジャズのライブ、クラシック音楽のコンサートなど幅広い利用ができます。
【利用時間】17時から22時(準備、片付けを含みます)
【貸し館料】平日 ¥80,000-
土曜日曜、祝祭日 ¥100,000-
※基本の付帯設備、人件費込みです。
※一定条件を満たした団体に対して、貸館料の1/2 ~ 3/4を助成します。
助成要件等は、後日お知らせいたします。

喜楽館よりご寄付のお願いです。

喜楽館はオープン致しましたが建設費用や各種道具などの必要資金がまだ不足しております。
ご寄付頂きましたら「一口館長」として入場口に設置した芳名板に氏名・会社名等を記載させていただきます。
1口1万円を基本に、5万円、10万円ごとに金額に応じて記載いいたします。
複数人(5名まで)で1万円以上の場合も連名で記載致します。
ご連絡いただけましたら書類を送らせて頂きます。また、窓口でも受け付けております。
http://shinkaichi.or.jp/engei/

 

神戸新開地・喜楽館
https://kobe-kirakukan.jp/
【住所】兵庫県神戸市兵庫区新開地2丁目4-13
【電話】078-335-7088

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。