ニュース・新着情報

土鍋ラーメンで締めは雑炊、熱いラーメンは正義だ【ラーメンバルゆうじろう】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

幹線道路沿い南ヶ丘の「ラーメン&バルゆうじろう」が、昼営業してるって聞いて。

以前の記事

https://sandanoumesan.com/archives/3655

https://sandanoumesan.com/archives/4663

以前の記事

なんとね、各席にIHのクッキングヒーターが設置されています。

Induction Heating、略してIHですね。電磁誘導加熱調理器具です。井川遥、ではありません。

※ハイボールは美味しいのを用意しています。

リスタートしたゆうじろうでは土鍋ラーメンがいただけるのです。

スープは二系統。
ご存知看板メニューの濃厚熟成胡麻味噌にホルモンを投入する胡麻味噌ホルモンと、
鶏の旨味がたっぷり出た旨塩鶏白湯。胡麻味噌は辛さレベルを選べます。


注文すると土鍋が目の前に。電源入れて出力上げて煮ていきます。
スープと具材が入っていますが、麺は入っていません。

グツグツ煮込んでいくと具の山が崩れていきます。

グツグツ、グツグツ…どんどん沈んでいきいい香りが漂ってきます。

ちょうど頃合いに麺が届きます。その麺を投入して出力を押さえて、いただきます。

ゆうじろうお馴染みの平打ち麺ですね。

土鍋ラーメンの良さは、熱さをキープし続けれる点。

煮込みが過ぎて、鍋底が焦げ付く可能性もあるので注意が必要ですが、
鉢では再加熱しようがないので、鍋の強みだと言えますね。
ラーメンはスープが熱く、麺も茹でた熱さを感じる「熱い食べもの」だと思います。
ぬるいラーメンなぞ論外。ガンガン熱いのが正義です。熱さも美味さの大事な要素。


新鮮なホルモンからも旨味がじゅわっとあふれ出しています。

そしてお昼のセットは、ご飯と玉子が。そう、鍋といえば〆は雑炊ですよね。
再び出力を上げて、ご飯と生玉子を投入。ゆうや&ゆうじろうはもち麦入りの麦ご飯。
この麦ご飯が美味しいんですよ、バランスが絶妙。King of 麦ご飯。

混ぜ混ぜしつつ、ノリを刻んで手早く仕上げます。
旨味たっぷりの熱々スープを吸ったご飯がラーメンにも負けないくらい美味しいです。

ランチメニューはほかにチキン南蛮、野菜まぜ麺の定食が用意されています。

夜営業では、更にトッピングのバリエーションが増え、本格的な鍋としても楽しめたり。
ラーメンバルゆうじろうはしっかり飲めるバルでもあるので、飲んで食ってから、〆のラーメンを店を変えずに楽しめる、という。その上、土鍋ラーメンなら、さらに〆の雑炊までいけちゃいます。

 

ラーメン&バルゆうじろう
【住所】兵庫県三田市南ヶ丘2-3-23
【電話】079-558-7969
【営業時間】11:00~15:00、17:00~24:00(L.O23:30)
【定休日】日曜月曜日(月曜日が祝日の場合は振替)
http://www.r-youya.com/

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。