ニュース・新着情報

吉野家が120周年。今年はいろいろありそうな予感【第1弾は牛肉の日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三田の梅さんは吉野家の牛丼が大好きです。
高校生でしたね、初めて食べたのは。そのうまさに衝撃を受けました。以来ずっと虜です。
吉野家は1899 年(明治32 年)に東京都中央区日本橋にあった魚河岸で誕生しました。

昔の吉野家ってこの浮世絵の木彫り、掛かってませんでした?
いまや、牛丼以外にさまざまなメニューが増え、客層も家族連れや女性客、カップルなどまるで普通の飲食店と化した吉野家。
やはり原点は牛丼ですし、早く安く美味くがモットーなのは変わりませんね。
三田の梅さんのオーダーはだいたい決まっていて、牛丼特盛のつゆ抜き、味噌汁お新香のBセットが標準です。TMTNですね。

食べ進めた断面です。ご飯が白いでしょ。つゆだくブーム以降、標準でもつゆの量が増えている傾向が続いています。
ストイックに肉と玉ねぎとご飯の三つ巴が楽しみたいのです。つゆは重要ですがそれにしても多過ぎるのです。

さて、その吉野家が節目の年を迎え、今年はいろいろとキャンペーンを張るということです。
第1弾が、120周年にちなみ並盛のアタマ120%盛りに。
牛肉の日の1日のみ、並盛のみ適用の限定企画です。

吉野家 牛丼並盛アタマ120%に増量キャンペーン

吉野家は、1899 年(明治 32 年)東京・日本橋の魚河岸で産声を上げて以来、
明治・大正・昭和・平成と4世代に渡り、皆さまと共に時代の変遷をくぐり抜け、新元号となる2019年に創業120年を迎えます。
還暦2回分の大還暦120年間のご愛顧に感謝し、2019年を【牛丼元年】と位置づけまして、みなさまに牛丼をもっと楽しんで味わっていただきたく様々な施策を展開していく予定です。

第1弾は、1月24日(木)10時から 22時までの「1日限定 牛丼並盛アタマ120%に増量キャンペーン」。

1月 24 日は、1872 年(明治5年)に、明治天皇が初めて牛肉を試食された日であり、日本で現代の牛肉文化がはじまった「牛肉の日」
【牛丼元年】を祝う増量キャンペーンは、1 日限定。ぜひお近くの吉野家にお越しください。

牛丼並盛アタマ*1120%に増量キャンペーン
吉野家120周年「牛丼元年」キャンペーンとしまして、1日限定で牛丼並盛のアタマ*1を120%に増量します。

【日時】2019 年1月24日(木)10時〜22時の1日限定
【内容】牛丼並盛をご注文いただいたお客様に限り、アタマを無料で 120%に増量します。
#オレの吉野家 #牛丼元年 #牛丼はやっぱり吉野家

吉野家
https://www.yoshinoya.com/

吉野家 176号線三田店
【住所】兵庫県三田市三輪4丁目6番19号
【電話】079-560-2282
【営業時間】24時間 無休
【吉呑み営業時間】17:00~24:00

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。