周年・キャンペーン・特集情報

DownDownDown…Arice in wonderland【不思議の国のアリス展3月16日〜兵庫県立美術館】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イギリスの作家ルイス・キャロルが1865年に発表した名作『不思議の国のアリス』。

生誕から150年を記念し、その魅力を紹介する『不思議の国のアリス展』が、兵庫県立美術館で3月16日か5月26日まで開催されます。

ルイス・キャロルの本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン。オックスフォード大学の数学講師だった彼は、学校に新しく赴任してきたリデル学寮長の娘アリスと知り合い、彼女と2人の姉妹を連れて遊びに出かけた際に話した物語を『不思議の国のアリス』として出版した。挿絵を担当したのは、当時人気画家だったジョン・テニエル。彼の挿絵が後のアリスのイメージを決定づけている。

ジョン・テニエルの挿絵原画、ルイス・キャロル直筆のアリスのスケッチは神戸展のみの特別展示。

ほかにはアーサー・ラッカム、エリック・カール、ヤン・シュヴァンクマイエル、サルバドール・ダリ、マリー・ローランサン、草間彌生、清川あさみ、山本容子と名だたるアーティストが描いた「アリスの世界」で会場が満ちています。

チュシャネコとはらぺこあおむしのコラボって萌えますね。

アリスといえば、な名キャラがハンプティダンプティ。

不思議の国のアリス展
【会場】兵庫県立美術館
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内
【会期】2019年3月16日(土)~2019年5月26日(日)
【料金】一般 1,400(1,200)円 / 高校・大学生 1,000(800)円 / 小・中学生 600(400)円
※( )内は前売券および20名以上の団体料金
※小学生未満無料。金額はすべて税込み。
※障がい者手帳をお持ちの方は、本人と介添えの方1名まで当日料金の半額。他の割引とは併用できません。
※当日券と前売券は、ローソンチケット(Lコード53878)、チケットぴあ(Pコード992-018)、セブンチケット、CNプレイガイド、阪神プレイガイド、チケットポートほかにて販売。
※当日券の販売期間は2019年3月16日(土)~5月26日(日)、前売券の販売期間は2019年1月19日(土)~3月15日(金)
【特別先行前売券】※HARD ROCK CAFE ピンズ付き前売券
一般 3,200円 / 高校・大学生 2,800円 / 小・中学生 2,400円
※特別先行前売券は、2018年12月15日(土)~2019年3月15日(金)の期間に、ローソンチケット(Lコード:53878)で販売。

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。