ニュース・新着情報

8月20日、宝塚の花火が復活します!!【宝塚サマーフェスタ&観光はなび祭大会】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


宝塚で100年来続いてきてた観光花火が中止に追い込まれ、市民や地元企業のチカラで復活しつつあります。
宝塚サマーフェスタ&観光はなび祭大会
8月20日火曜日の19時50分から約3分間。
https://www.facebook.com/groups/takarazuka.hanabi/

花火の資金を集める募金ステッカーも絶賛販売しています。


かつて、三田でも花火大会中止の決定が出て市民が動いて復活した経緯があります。
宝塚の場合は少し事情が違いますが、宝塚市民が動き、花火を復活させたことはとても意義があると思います。

花火は商品です。お金がなければ花火は揚がりません。
そのお金はどうやって用意しましょうか?
税金、協賛金、寄付金、このバランス、グラデーションによって花火の意味合いが大きく変わってきます。
もちろん、自治体や観光協会、地元企業の応援や協働は必要ですし、お金出してくださる事は大事ですよ。一緒にやることも大切。
三田で募金ステッカーや、募金Tシャツ、募金箱の配布などを行った経験から言うと、「市民が自分の花火だと認識する」ための共犯行為(巻き込み)が共感と関心を集めます。
今回、3分間100発の花火にはとても意義があるのです。

以前に書いた三田まつりの花火の件はこちら。https://sandanoumesan.com/archives/3976

来年以降、三田まつりの花火も中止になるのでは、という噂のようなものも耳にします。
逆にこの宝塚の復活花火に倣い「募金や寄付金が集まった分だけ打ち揚げる」というのも存続の選択肢に入れてもいいと思います。
夏の花火ではありませんが、地域住民の思いと力で揚げた花火もあります。たった1回の「一発花火」

https://sandanoumesan.com/archives/5918

「宝塚サマーフェスタ2019」花火打上演出を実施します

http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/kanko/kankoinfo/1026571.html
宝塚市の夏の風物詩である「宝塚サマーフェスタ」。
今年も同フェスタにお越しの皆さんに楽しんでいただけるよう、演出の一環として、花火の打ち上げ(約3分間、100発程度)を予定しています。
観覧マナーを守って、同フェスタの会場である末広中央公園内から、花火と音楽のハーモニーをお楽しみください!

花火打上演出 実施概要
1)実施日程  令和元年(2019年)8月20日(火曜日)※宝塚サマーフェスタ2019当日
2)打上時間  午後7時50分頃から約3分間(予定)
3)花火発数  100発程度
4)観覧場所  末広中央公園(宝塚サマーフェスタ会場)
5)実施主体  宝塚市・宝塚市国際観光協会

※ 荒天等の場合は、翌8月21日(水曜日)に順延(宝塚サマーフェスタの開催判断に準じます)。
※ 強風・武庫川増水時等は、安全面から花火の打上時間の調整や、打ち上げを中止する場合もあります。

注意事項

宝塚サマーフェスタ当日の8月20日(火曜日)(※荒天等の場合は翌21日(水曜日))には、来場者や一般歩行者、周辺住民の皆様の安全確保のため、花火の打上場所付近を立入禁止とさせていただくほか、花火の打ち上げ時間の前後には、宝塚新大橋(宝塚市役所前)を中心とした交通規制を行う予定です。
皆様の安全確保のため、以下の事項にご留意・ご協力をいただき、本市の夏の風物詩である「宝塚サマーフェスタ」、そして花火の打上演出をお楽しみください。

観覧マナーにご協力をお願いします
お車でお越しの際には、武庫川河川敷の臨時駐車場をご利用ください(近隣店舗等への駐車はご遠慮ください)。
末広中央公園内から花火をご観覧ください。
橋(宝塚新大橋)の上からは観覧できません。
打上場所付近は大変危険です。立入禁止表示のある場所には近付かないでください。

周辺道路を交通規制します
宝塚サマーフェスタ2019花火打上演出の実施にあたっては、皆様の安全確保のため、宝塚新大橋(宝塚市役所前)を中心に交通規制を行う予定です。

宝塚サマーフェスタ2019チラシ (PDF 1.3MB)

http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/026/571/takarazuka_sftirashi.pdf

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。