新店舗クレープハウスharuharu、弾ける食感のクレープ専門店【7月17日オープン】

スポンサーリンク
ニュース・新着情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あの人気店が監修した
クレープ専門店が
三田本町に誕生します

スポンサーリンク

三田本町にクレープ専門店が誕生

神戸電鉄三田本町駅のすぐ横に立つ白い壁の建物。
以前は最高のパフォーマンスを発揮するスタイリッシュなラーメン店があった場所で、パンケーキで大人気のヤマトカフェさん監修のクレープのお店が誕生します。
幹線道路沿い、NTT鉄塔の向かい、三田本町駅すぐ横、という立地。歩道も広く、学生から赤子連れ、お年寄りまで意外と多くの人が歩いて通る、一角です。

路面に窓が開き、注文を受けてから焼きはじめます。
メニューのラインナップはこんな感じ。
フラットなクレープ焼器の盤面に生地をドロップしてから薄く広げます。じわじわ焼ける香りが外にも広がります。

生地の美味しさを味わうシンプルな構成のシュガーバターは、生地にバターをジュワ~と直づけ。
幸せのじゅわじゅわ。香ばしいバターにザラメとグラニュー糖をオンして濃密シュガー・シュガーに。
仕上げに追いバターをちょい乗せで完成。この香りはやばい、ダイエットは翌日以降に持ち越しです。
そう、生地が結構な焼き加減なのです。パリパリで2回折り返して具材をたっぷり載せていきます。
ベーシックで一番想像しやすいいちごホイップのクレープです。
作ってくれたのが店長の増田さん、マスクの下は笑顔です。

薄い生地がカリッと焼き上がって、ゴーフルのような感じというんでしょうかクリスピーです。
バナナチョコホイップも同様に、生地はカリッとホイップとバナナがじゅわっと、いい感じです。
かなり焼き上げてる生地が折り込んであるので、水分でふやけることもなく最後まで食感を保ったまま楽しめます。

甘い系以外にもフード系のランチクレープもあるので、小腹がすいた時にいいかも。
店内にもイートインスペースが用意されています。
意外とケーキ屋さん・菓子屋さんはあっても、テイクアウトのクレープってなかったんですよね。

オープニングスタッフ募集してます

お店のほうへ連絡してみてください。

増田さんが、ヤマトカフェをオープンする際に最後まで悩んだのが、パンケーキかクレープだったそうで、今回ようやくクレープが日の目を見たということですね。

https://www.instagram.com/yamatocafe.sanda/

値段も手頃だし、フレッシュな果物やいろんなテイストを選べる楽しさは、ケーキとは違う選択肢としてありなんじゃないでしょうか。
場所柄、学生さんも多く通るので、いいスポットになりそうですね。

crepe house haruharu

住所:兵庫県三田市相生町21-12
電話:079-506-0300
営業時間:11:00〜18:00
定休日:木曜日
Instagram:https://www.instagram.com/haruharu.717/

コメント

タイトルとURLをコピーしました