ニュース・新着情報

関西初出店「名古屋の豚骨」一番軒が三田にオープン【11月21日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一番軒が関西初上陸、三田で新店舗。
また三田のラーメンにニューウェーブ、関西初出店は名古屋から。

元祖長浜の味を原点としながらも、「名古屋の豚骨」として時代と共に進化し続けてきた一番軒が創り出す新たなブランド、熟成豚骨ラーメン。

お店のホームページから、情報を見てみましょう。

スープ
名古屋の豚骨文化の先駆者として、常に研究、進化を続けてきた一番軒。我々が新たな味の柱として生み出したのが、24時間じっくり低温熟成させた熟成豚骨スープ。凝縮された豚の旨みがよりコク深く味わえる、濃厚な味わいのスープです。

名古屋チキン
主役のラーメンを一層引き立てる名脇役の一つが、一番軒名物の「名古屋チキン」。ひと口ではとても食べられない大きなから揚げに、名古屋風甘辛だれをかけてお召し上がりいただきます。

自家製肉汁焼餃子
もう一つの一番軒名物が「自家製肉汁焼餃子」。豚の旨味がじゅわっと溢れる特製餡(あん)は、野菜もたっぷり。サクサクした食感と、もっちりした皮の食感も楽しめる自家製餃子です。

名物セット
から揚げ、餃子の各種ラーメンとの組み合わせはトンからセット(豚骨+から揚げ)、トンギョウセット(豚骨+餃子)と銘打って、定番人気の名物セットメニューとなっています。

2018年11月21日グランドオープンです。


カウンターとテーブルの配置が絶妙にちょうどいい。
大人数でも1人2人でもスッと入れるのは嬉しいですね。

【スムーズでマイルドな豚骨をいただく】

麺の種類(博多麺と、中華麺)、麺の硬さ、にんにくの量などをしっかりと確認してくださいます。
指差し確認で注文するノブと、驚くさんだ日和山見編集長。

手前が黒豚骨、黒く光る粒状のマー油がコクと深みを醸し出します。
標準となる、白豚骨は超マイルドでクセはなく濃厚。

それに辛いのが好きな人は辣な赤豚骨を、
よりコクと重厚さを求めるならマー油の黒豚骨を。

トッピングがふんだんに乗るDXで贅沢にいくもよし。
唐揚げ単品だと3個乗せ、ですが、通常の倍くらいのサイズがあるので十分食べ応えあります。

伝わりにくいので、ノブの食べる瞬間を。

唐揚げ2個とご飯のセットも用意されています。

餃子は野菜多め、ジューシィ感高めの標準的な大きさ。
なにせ、豚骨のスープが他にない感じのクリアさと濃厚さです、ぜひお試しください。
なお、以前の店舗、高井田系ラーメンの大金星さんは、国道沿いの博多ラーメン六寳さんで提供されているそうです。

熟成豚骨ラーメン 一番軒 三田店
【住所】兵庫県三田市横山9-26
【電話】079-555-6611
【営業時間】
平日 11:00-15:00、17:00-0:00
土日 11:00-0:00
【定休日】なし
http://www.ichibanken-group.com

人気の記事

最新の投稿

コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。