企画展

スポンサーリンク
ニュース・新着情報

ガラス体験とパンと野菜【2019秋 ガラスとマルシェの2日間&受講生作品展】

【2019秋 ガラスとマルシェの2日間&受講生作品展】 三田市立ガラス工芸館は兵庫県三田市に位置する関西有数のガラス工芸センターなんですよ。 民間委託して、運営しています。 11月16,17日にパン屋さんやスイーツ、ガラス作品(ry
県内のイベント情報

たまには植物に食べられてみる!?【食虫植物のひみつ、9月1日まで六甲高山植物園】

食虫植物のひみつ展 六甲高山植物園で7月13日(土)~9月1日(日) 六甲高山植物園に虫を食べる不思議な生態を持つ「食虫植物」が登場しますよ!植栽や鉢の観賞だけでなく、パネル展示で生態や特徴を詳しく知ることができる内容になっています(ry
ニュース・新着情報

時の記念日に明石の天文台が無料開放【6月10日明石市立天文科学館】

時の記念日(6月10日)・明石市立天文科学館無料開放 時の記念日とは 1920年に東京天文台(現在の国立天文台)と文部省の外郭団体である財団法人の生活改善同盟会によって制定された。日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善(ry
ニュース・新着情報

六甲山系の災害を振り返る展示会【8月14〜26日まで人と防災未来センター】

神戸人と防災未来センター【六甲山の災害展】 六甲山系では、昭和13年の阪神大水害、昭和36年・昭和42年の豪雨災害、平成7年の阪神・淡路大震災など、幾度となく大規模な土砂災害が発生している。今年は阪神大水害から80年の節目であり、80(ry
ニュース・新着情報

弥生の美-土器に宿る造形と意匠-【兵庫県立陶芸美術館3/10-5/27】

弥生の美-土器に宿る造形と意匠- 弥生式土器の名前の由来、知ってますか。1884年、東京帝国大学裏手の向ヶ岡弥生町(現文京区弥生)の貝塚で土器が発見されたことで弥生式土器、という名前が付いたんですって。 そんな弥生式土器を集めた展覧(ry
2018.03.12
ニュース・新着情報

給食の今昔【藍市民センター、給食週間】

「三田の学校給食 今・昔」 全国学校給食週間(24~30日)に合わせ、兵庫県三田市は給食への理解を深めてもらおうと企画展「三田の学校給食 今・昔」を藍市民センター(同市大川瀬)で開いている。 献立の移り変わりや地元の特産品を(ry
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました