ニュース・新着情報

本格中華店が挑む珠玉のラーメン【新店舗 麺屋七宝】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ラーメン、発祥はもちろん中国です。中国から日本へ伝わり、日本の中でも地方の食文化に合わせ、進化変化し続けて、もはや元の拉麺とは「違うもの」になった感もあります。
そんな現在、2018年7月元日、三田に新しいラーメン店が誕生いたしました。

三田駅前の人気中華店、チャイナダイニング リゥさんの直営店。

そう、七宝は正真正銘、中華料理の視点から紡ぎ出されるラーメンなのです。
という事で、早速に実食。

ラーメンは2系統の展開。

醤油ベースの中華そば、と鶏白湯拉麺の2系統です。

中華そばのベースになるスープは7種類の厳選素材からじっくり引き出します。4種の醤油をブレンド、乾物素材のぎゅっと詰まった旨味と合わさったかえしと合わせて、味わいのあるすっきりしたスープが出来上がります。

細めの麺はコシが強く歯応えもしっかりあります。

海苔と三つ葉、バラのチャーシューというシンプルな構成。オーダートッピングは、青ネギ、メンマ、チャーシュー大盛り、煮卵。

もう一枚の看板メニューが鶏白湯拉麺

昨今流行りの濃度の高い「鶏白湯系」とは違う、サラッとした鶏白湯本来の定義。

使用するのは丹波銘柄鶏の親、ガラ、モミジ。これと野菜を約7時間煮込んで引き出す清湯スープと2種類の塩と乾物素材の旨味ある返しと。
乳白色のスープに、鶏チャーシュー、きざみネギ、玉ねぎ、糸唐辛子、青海苔、がのります。

この青海苔を溶く前に、本来の滋味溢れるあっさりとコクのバランスがいいスープを味わってくださいね。
青海苔を溶くと随分、雰囲気が変わります。色みも味も鮮やかな海苔の香りが加わります。

さらに、別皿で用意される青唐辛子を加えましょう。
パンチの強いガツンと入る辛味がガラッと味わいを変えてくれます(けっこう辛いので苦手な人は加減しもって様子みてね)三度の味の変化を楽しめる至福の一杯です。

オーダートッピングは魚粉、青海苔大盛り、チャーシュー大盛り、煮卵。

美味しさの王道を行く、奇をてらったり極端な偏りのない、味わいの深いラーメンが嬉しい。
素材からきちんと旨味を引き出す事で「濃さ」や「量」ではなく「味わい」を楽しませてくれます。


サイドメニューは清湯スープで炊きあげた炊き込みご飯、鶏の唐揚げ、チャーシュー盛り合わせという王道のラインナップ。
これもチャイナダイニング リゥさんでも人気のメニューですね。

現在、お店用の駐車場が確保できておらず、店の前も通行量の多い道路ですので、近隣のタイムパーキングなどをご利用くださいね。

麵屋七宝(めんやしっぽう)
【住所】兵庫県三田市高次1−11−5フレイヴァーパーク103号
【電話】079−509−0114
【営業時間】11時~15時、17時〜21時 ※売り切れ御免
【定休日】水曜日
【URL】https://www.facebook.com/%E9%BA%BA%E5%B1%8B-%E4%B8%83%E5%AE%9D-164959370854437/

人気の記事

最新の投稿

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。