【よねまんじゅう】三田の三軒の和菓子屋さんで三日間しか手に入らない幻の銘菓

スポンサーリンク
ニュース・新着情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

追記していくシリーズ。
今年(2020年)はあきんどまつりも中止になってしまい、
マスターズマラソンもなく、寂しい限りですが、
よねまんは、ありますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米饅頭、そう…よねまん

かつては「誓文払い」と呼び親しまれていた冬のイベントがありました。
かの司馬遼太郎が全国をめぐる途中、三田を訪れようとした時に、誓文払いと重なり、とてもじゃないが市街地に入れない混み具合だった、と記しておられます。年の瀬の大売り出し、新年の準備のための大商いだったのでしょうね。
生活様式も変わり、買い物自体もカタチが大きく変わってきている現在、
イベントとしての大売り出しも姿を変えつつあります。あ、若かりし鳥一が写ってるw

現在は誓文払いは、三田あきんどまつり、と名前を変えて開催しています。


今年(2020年)は残念ながら新型コロナ感染症の影響で中止となってます。

そんな中、「誓文の時だけしか作っていないお菓子」があるのです。
それが、よねまんです。米まんじゅうの愛称ですね。


現在では、西村清月堂さん、松栄堂さん、きねやさんの三軒しか扱っていません。
店頭では大きく行列ができ、蒸し上げる蒸気と甘い香りが「ああ、誓文払いやなぁ」と条件反射的に呟いてしまうわけです。

もちろんお店によっての味の違いもありますから、好みを選ぶ楽しさもあります。
おおむね1粒130円程度です。

3軒の和菓子屋さんで3日間しか販売されない、幻の銘菓。
絶対的に初日の金曜日が早く買えます。過去のデータが総断言します。

新型コロナ禍のよねまんは・・・

よねまんは、西村清月堂さん、松栄堂さん、きねやさんの3店舗で販売ですが、
今年は新型コロナの影響もあり、例年の長蛇の列が出来ませんししたくないですよね。
それぞれのお店で予約も出来るので、対策に沿って美味しいよねマンをゲットしてください。
販売は12月11,12,13日の三日間となります。

三田菓庵 西村清月堂
前日までに前金で予約可能、バラ売りはなし。
なお、西村清月堂さんは本店とキッピーモール店、ウッディタウンイオンの物産コーナーでも販売します。

御菓子司 松栄堂
11,12,13日。だということは店頭で分かった。
できるだけ予約してください、とのこと。バラ売りもないようです。

きねや菓舗
逆に11,12,13日の三日間は取り置きも予約も不可。
それ以外の日には予約のみで別注。

コメント

  1. […] 三田の三軒の和菓子屋さんで三日間しか手に入らない幻の銘菓【よねまんじゅう】 2018年12月9日 […]

  2. […] 三田の三軒の和菓子屋さんで三日間しか手に入らない幻の銘菓【よねまんじゅう】 2018年12月9日 […]

  3. […] 年に3日の口福、よねまんJAPAN https://sandanoumesan.com/archives/5834 […]

タイトルとURLをコピーしました