平谷川に河童がいるという噂を調べてみた【キュウリを持って調査した】

ニュース・新着情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何もかも自粛の中、記事書くネタがない三田の梅さんは、 三田に拡がる噂話の調査をすることにした。

というか、それくらいしかする事がないのだ。
JR三田駅の第2ホームや、開かずの地下道、有馬高校の7つの井戸…。うん、だいたい知ってる。
そうなのか、みんな知らんのね。書くか、調べて書くか。書くかぁ…。ということで、それらも気になる人がいてるようなので、またそのうちに…。(気が向いたら、うん…。)

てことで、さんだで河童が出るという噂を検証してみた。

河童(かっぱ)とは

河童(かっぱ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E7%AB%A5


なるほど、妖怪だな。んなもんウォッチ以外で21世紀の現在、令和も2年目に入ってるハイテク時代に居るわけが。。。

噂の発信地はウッディタウン。かっぱなんて居るわけが…。
で、来てみましたよ、平谷川緑地。駒ヶ谷運動公園と地続きです。


ウッディタウンを流れる平谷川を挟む自然公園の平谷緑地。
こちらでは地域の方々の努力でホタルの生息地として自然を保つ活動も行われています。


桜が満開のタイミングで散策調査探検してきました。

いました、すぐ発見しました。
かっぱですね、これは間違いなくかっぱです。


ということは通称三田ホテルからもかっぱは見える。
逆立ちしてたり、涅槃なかっぱもおります。

めっちゃおるやん、かっぱめっちゃおるやん。

小路のわきにもかっぱ。
桜の花も綺麗でした。
↑うつむき加減だと寂しく見えるよね。
↓おい、向こう側にもおるんか!!

↑通称三田ホテルを遠景に。
↓犬神家的かっぱもおります。

上下同じパターンだけどくたびれ具合がちがう。

↑↓これは同じかっぱですね、iPhoneで背景ぼかしてみました。

さて、お腹いっぱいにかっぱを堪能しましたが、おわかりいただけるように、オブジェなんですよね。誰かが勝手に置いたわけではなさそう。

ということは三田市はなにか知ってるはずだ。ということで三田市の道路河川課に話を聞いてきました。
すると、この平谷川に沿ってある歩道とリンクする格好で大きな下水道が地下を走っているんだそうです。
そして下水道というのは道ほど曲げたりするのが簡単ではない、と。
そうすると道から外れて植込みの中に検査や維持するためのマンホールがある場合の増えるのだとか。
植え込みのなかだと、草が覆う時期にはどこにあるか見つけにくい事が多く、そのための目印として河童のオブジェが置かれたのだとか。
ほほう、そんな理由が。と納得しかけて、この高さだと絶対夏場、草に埋もれるよな、と思う三田の梅さんでした。おしまい。

おまけ画像とコメント

ウッディタウンってやっぱ、金かかってるなぁ、と思うね。

このオブジェは丘の中にあります。

丘が割れてます。

この間の道になってる壁に先ほどのオブジェが設置されています。
お隣の駒ヶ谷運動公園にある広場の丸い石の秘密も今回あばいてしまいましたが、それもまたの機会に。