三田牛が食べれる素敵なキャンペーン【11月13日〜29日三田市商工会青年部】

スポンサーリンク
ニュース・新着情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三田が誇る至宝、三田牛は指定店舗でないと取り扱えない仕組みになっていますが、
今回特例的に市内の飲食店で使用・提供が認められました。11月13日から。
150名に総額50万円分の地産食材が当たるキャンペーンも!!
GoToEATや三田プレミアムコインの利用も可能です。

スポンサーリンク

三田牛が食べれるぞ!!

三田で牛肉食べたら三田牛?そういうわけには行きません。
三田肉流通振興協議会という組織がございまして、厳格にその取扱は決められております。
今回、そんな厳しい取り扱いの中で新型コロナ禍の経済状況や様々な課題と向き合い、指定店舗以外のお店を含む三田市商工会青年部の店舗で三田牛が提供できることとなりました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/202010/0013782294.shtml
三田牛のせりに参加させて貰う形(これも特例)で一頭まるまる購入した三田牛を、商工会青年部に加入する飲食店でシェアして各店舗が三田牛をメニューとして提供するというもの。
http://www.sandaniku.com/recommend/2020/10/post-6.html

参加店舗はこちら

ステーキ食堂Masse
男のらぁめん神戸ちぇりー亭
China Dining Liu
肉集中居酒屋 肉い屋つ
嬉らく人
手作りピザ&居酒屋のどか
Bar&Diner Tres
洋風おでんバルUNO
ファミリーバルたまねぎあたま
想作料理 翔
全店舗で三田プレミアムコインが使用可能です。
またGoToEatひょうご対象店も。

三田の梅さんでもおなじみの人気店舗が揃ってますね。

地産地消の実現が三方良しにつながる理由

これはメインを三田牛に置きつつ、三田ポークや三田で作られる野菜を地元の飲食店が買い支え使用することで、地元の生産者を支援するというキャンペーンなのです。
飲食店にしても、地元で作ってくれる生産者がいなければ、地産地消は成り立たないわけで。
飲食店を利用して食事をすることで、地元の生産者を支援することに繋がって、それが地域の産業と経済が回ることになり、消費が浪費でなく自らにも還元されていく大きな流れになっていく・・・
壮大な話になってしまいますが、遠くの生産物を運ぶコストも掛からないわけだし、そのぶん新鮮で疲労のない食材として地産地消は消費者にもメリットがあるのです。

総額50万円の地産食材プレゼント

三田が誇る食材やグルメをプレゼントするキャンペーンも同時開催します。

三田牛が指定店でしか扱えない理由

こちらは以前に書いた、三田牛迴(かい)と、個体識別番号についての記事です。


本物の三田牛を守るためには、三田牛をきちんと届けるための仕組みが必要でした。

生産者支援プロジェクト

2020年11月13日〜11月29日
参加店舗はチラシを参照

三田市商工会青年部
事務局:兵庫県三田市天神1-5-33
電話: 079-563-4455